calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

archives

2月24日予告、筑後川ウォークツアー第2回「筑後川河口から源流143kmを歩いて巡るシリーズ 」

0

    筑後川ウォークツアー2019

    「〜たび歩る記〜 筑後川再発見!!

      筑後川河口から源流143kmを歩いて巡るシリーズ 」

    回予告

    「川と水のテーマパーク・筑紫次郎筑後川
     〜歩けば出会う独特の環境・歴史・伝統産業」

    2019年2月24日(日) 参加者募集中

     2019年1月よりJTB旅物語と筑後川流域連携倶楽部がコラボして筑後川ウォークツアー「〜たび歩る記〜 筑後川再発見!!筑後川河口から源流143kmを歩いて巡るシリーズ 」を実施しています。

    全行程を歩く旅で、143kmを10回にわけて10か月で完歩します。

    第1回目は1月14日晴天に恵まれ20人の参加者が河口0km地点から筑後川昇開橋までの11kmを歩きました。(ツアーレポートの詳細は4月上旬発行の筑後川新聞118号に掲載する予定です。またfacebook[筑後川まるごと博物館]にも掲載予定)

    下の写真は第1回のツアーで筑後川の河口部を歩く参加者の皆さん

    ●IMG_0578河口を歩くkiritori

    ●IMG_0616新田大橋を歩く
    第2回目は2月24日(日)「川と水のテーマパーク・筑紫次郎筑後川〜歩けば出会う独特の環境・歴史・伝統産業」をテーマに現在参加者を募集中です。ゆったりとした雰囲気の筑後川下流域を、のんびりと歩いてみませんか。
     大川市の筑後川昇開橋(国指定重要文化財)を朝10時にスタートし、上流の久留米市大善寺玉垂宮へ向けて約14,5kmを歩きます。このコースはほぼ平坦な道が続き、広々とした筑後平野の田園風景を楽しめます。途中にはヤギの一家がのんびりと草をはむ様子も見られます。広大なヨシ原が続く
    筑後川下流の独特の景観を見ながら、明治の洋風建築で趣のある大川市立清力美術館、城島町の酒蔵のある街並み、三潴町の古代の歴史を感じる弓頭神社などを訪ね、午後3時頃に大善寺玉垂宮歩き終えます。今回の歩く道筋は、むかしSLが走った旧大川鉄道の軌道跡(昭和26年廃止)をほぼ辿りその痕跡を探しながら歩きます。城島町〜三潴町間は軌道跡が遊歩道整備されています。

    第2回目のガイドは、スタートから清力美術館までを1回目と同じNPO法人大川未来塾の本間氏が、清力美術館からはバトンタッチしてゴールまでを筑後川まるごと博物館運営委員会の鍋田が勤めます。

    第3回目以降の日程、コースはチラシ、インターネットサイト旅物語九州をご覧ください。
     このツアーは博多駅、西鉄久留米駅からバスでの送迎および、お昼の弁当付きです。

    詳細はチラシ、インターネットサイト旅物語九州をご覧ください。

    ●参加申し込みは、TEL:092-752-0900 JTBまで。

     あと若干名様の申し込みを受け付けております。

    インターネットサイトでも受付中⇒旅物語九州

    ●筑後川ウォークツアーチラシ2-1.

    ★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
    これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
          ↓
    こちらをクリック
    「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
    ★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
    筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
          ↓
    こちらをクリック
    「筑後川まるごとリバーパーク・
    よかばい!ちっご川流域めぐり」

    ★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

                   こちらをクリック
    筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

    facebookロゴ148

    facebookで最新情報発信中!

     ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

    twitterで最新情報発信中。
    twitter
    こちらをクリック→kourasan

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    コメント
    コメントする