筑後川中流域ミステリーツアー2016 実施報告

0

    筑後川まるごとリバーパークモニターツアー

    筑後川中流域ミステリーツアー2016  実施報告

     実施日/1010日・11

     福岡からJRゆふいん森の号で日田駅に到着した6人のグループを案内致しました。

    日田市の花月川や重要伝統的建造物群保存地区に指定されている豆田町周辺で、約3万本の竹灯籠で幻想的に彩る「千年あかり」の竹灯籠準備作業所で竹灯籠づくりを見学しました。そこで「千年明かり」準備の大変さを実感しました。

     その後、サッポロビール工場を楽しく見学し、午後はうきは市へ。うきは市には、石室の壁に図文を描いた装飾古墳が多くあります。日岡古墳・月岡古墳・珍敷塚古墳代表的な国指定史跡の古墳めぐりをしました。特に、月岡古墳は出土した鉄兜や珍敷塚古墳の船や舳先にとまった鳥、太陽や月、ガマガエルなどを描いた壁画など、見張るものがありました。

     今回のツアーは、筑後川中流域源流の碑を訪ねることも目的にしていましたので、昨年度、(一社)北部九州河川利用協会がうきは市巨瀬川の源流に設置した筑後川源流の碑へ向かいました。調音の滝の池にチョウザメが泳いでいるのにびっくり。「うきは産キャビア」を名産にと養殖がされているそうです。筑後川沿いの原鶴温泉六峰舘のお湯と美味しい料理とお酒を楽しみました。

     次の日は、東峰村小石原に設置された大肥川と小石原川の源流の碑と、遠賀川の源流の碑を訪ねました。途中、市民団体「朝倉市に小水力発電を進める会」が手作り水車のマイクロ発電で地域づくりに取り組んでいる白木発電村を訪れました。小さな山里の小さな取り組みですが、地域の人たちの「夢」を感じました。近くの林温隆さんの梨園で朝倉市杷木地区特産の梨狩りを楽しみました。

     今回のツアーのハイライトは、建設中の小石原川ダム工事現場の見学です。小石原川ダムは、洪水被害の軽減、水道用水の確保、渇水対策として江川ダムの上流に建設が進められています。堤高139m、総貯水容量4千万㎥のロックフィルダムだそうです。水資源機構の方の説明を聞き、現地へ。大きく切り開かれた谷の壮大さには圧倒されました。

     今回のツアーは、なかなか見れない工事現場や古墳内部、また源流の碑や知り得ない市民団体の活動、特産品「梨」の収穫体験などができ楽しかったと感想を述べられてました。(平田昌之)

    筑後川中流域ミステリーツアー実施報告10月

    ●人気blogランキング(九州)に登録中。あなたの1クリックでランクがあがるかも?
                        ここをクリック!→→人気
    ★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
    これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
          ↓
    こちらをクリック
    「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
    ★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
    筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
          ↓
    こちらをクリック
    「筑後川まるごとリバーパーク・
    よかばい!ちっご川流域めぐり」

    ★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

                   こちらをクリック
    筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
    twitterで最新情報発信中。
    twitter
     こちらをクリック→kourasan
    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    コメント
    コメントする