朝倉市・日田市で「筑後川大水害を伝える会」を順次開催

0

    昭和28年筑後川大水害から63年!巡回写真展

    朝倉市・日田市で

    「筑後川大水害を伝える会」を順次開催

    水害体験者が次々と証言発表

    2016年1030朝倉市杷木らくゆう館

    2016年11月20日田市朝霧の館

     

     昭和28年の筑後川大水害から63年、その記憶を後世に語り伝えようと、「筑後川大水害を伝える会」が1030日に朝倉市杷木らくゆう館と、1120日に日田市朝霧の館で開催されました。大水害の体験者による証言発表会や、当時の水害写真のスライド映写による聞き語り解説を行ない、そして3年前に再発見されたまぼろしのレコード「災害派遣の歌」も流されて、会場の人々は水害の備えを新たにしました。

     また同時に、子どもたちのための「ぼうさい体験教室」も行われ、来館した子どもたちが、ぬりえやクイズラリーなどに夢中になっていました。子どもたちにも災害への備えをきちんと伝えることは大事なことです。

     そして、当時の水害写真展も朝倉会場は1028日〜113日、日田会場は1114日〜20日の期間中に行われました。この期間中、水害体験者やその家族の方々、関係者など多数が来場され、当時の様子を口々に語り、それぞれの体験談を備え付けのノートに書き込んだり、付箋紙に場所や状況などの情報を書き込んで当時の写真に張り付けて写真を見た人がわかるようにしていました。この写真展や伝える会は筑後川防災施設くるめウスが平成15年に開館して以来、毎年開催しているもので今年は久留米市以外の2カ所でも行うこととなりました。

     両会場の体験者による証言発表会では、事前の募集に応じた方々が次々と体験談を発表され、また、会場からは飛び入りでの証言者も現れて、悲惨な体験や危機一髪の体験、今も心得るべき教訓などなど初めて聞く話ばかりで、参加者はむかしの町の様子など若かりし頃の郷愁も交えて、熱気あふれる会となっていました。(鍋田康成)

    昭和28年筑後川大水害を伝える会、朝倉・日田で開催10,11月

    ●人気blogランキング(九州)に登録中。あなたの1クリックでランクがあがるかも?
                        ここをクリック!→→人気
    ★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
    これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
          ↓
    こちらをクリック
    「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
    ★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
    筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
          ↓
    こちらをクリック
    「筑後川まるごとリバーパーク・
    よかばい!ちっご川流域めぐり」

    ★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

                   こちらをクリック
    筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
    twitterで最新情報発信中。
    twitter
     こちらをクリック→kourasan
    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    コメント
    コメントする